2021.11.27

ドイツ流山歩き療法楽しく 北上で「クアオルト」体験会

クアオルト健康ウオーキングを楽しむ参加者
クアオルト健康ウオーキングを楽しむ参加者

 西和賀町の設備工事業、近藤設備(近藤正彦社長)は26日、同社が所有する北上市稲瀬町の里山でドイツ発祥の「クアオルト健康ウオーキング」の体験会を開き、約50人が体力づくりに励んだ。

 同ウオーキングは、一定の負荷を保ちながら山林の斜面を歩いて健康増進を図る運動療法。普及に取り組む日本クアオルト研究所東京事務所の石井隆所長が効果などを説明し、同社が整備を進める「ザ・キャンパス トロイカの森」のコース約2キロで実践した。