今夏の東京五輪テコンドー女子49キロ級5位の山田美諭(みゆ)選手(27)=東京・城北信用金庫=は24日、北上・黒沢尻西小(八重樫浩二(ひろじ)校長、児童403人)で講演し、夢を持つ大切さを伝えた。

 講演会は北上市本石町の同校体育館で開かれ、4~6年生約200人が参加。山田選手は2016年リオデジャネイロ五輪の代表選考会で靱帯(じんたい)を断裂してから、復帰を果たすまでの経緯を振り返った。

 講演は国の委託事業で県教委主催のオリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展開事業の一環。山田選手は30日、盛岡・仙北小でも講演する。