2021.11.26

停泊中は歯科医の出番? 極地ツイート(10)

しらせ船内で、乗員の治療が行われている
しらせ船内で、乗員の治療が行われている

 オーストラリア・フリマントルに寄港中の観測船しらせ内の〝歯科〟で、乗員の治療が行われている。歯科長の高瀬雅大(まさひろ)3等海佐(39)によると、揺れが収まる停泊中は、抜糸など繊細な作業を伴う治療が増える。設備は一般的な医院レベル。歯科医のいない越冬中の昭和基地で本格的な歯科治療は難しい。しっかり歯磨きしなければ-。

(報道部・菊池健生)

しらせの位置=国立極地研究所ホームページより

 

関連リンク