障害者の絵画作品をラッピングした自動販売機が24日、盛岡市大通のクロステラス盛岡にお目見えした。偏見のない社会の実現を目指す取り組みの一環で、売り上げの一部は作品の制作者に還元される。

 みちのくコカ・コーラボトリング(同市、谷村広和社長)が、ヘラルボニー(同、松田崇弥社長)と連携し、「ヘラルボニーアートラッピング自動販売機」として設置。るんびにい美術館(花巻市)に在籍する佐々木早苗さん(58)の作品をラッピングした。