2021.11.23

県内4月までに56.9万人 コロナワクチン3回目接種で県見通し

 
 

 12月から始まる新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、県は22日のコロナ対策本部員会議で県内の接種体制を示した。

 実施主体は市町村が基本で、医療機関による職員向け接種も並行する。2回目からおおむね8カ月経過を基本に順次始め、4月までに約56万9千人を見込む。感染の第6波に備え、円滑な接種を進める。

◇      ◇

 詳報は、11月23日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞