一戸町の御所野(ごしょの)遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録記念式典は22日、オンラインで開催された。達増知事ら関係自治体の首長が遺産を将来に守り伝える決意を新たにし、登録の喜びを分かち合った。

 都倉俊一文化庁長官が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産センターから届いた「世界遺産一覧表記載認定書」を画面越しに披露した。

 都倉長官は「縄文のような先史時代の文化遺産は、現在の一覧表にはほとんど反映されていない。一覧表の多様性に貢献し、大変うれしく思う」と述べ、認定書のレプリカを文化庁が作製し、各自治体に届けることも伝えた。