松野博一官房長官は22日の記者会見で、米大リーグのア・リーグ最優秀選手(MVP)に選出されたエンゼルスの大谷翔平選手(花巻東高)に国民栄誉賞を打診したが、大谷選手が辞退したと明らかにした。大谷選手側は打診に対し「まだ早いので今回は辞退させていただきたい」と回答した。

 松野氏は会見で「さらなる高みに向けて、精進に集中するという強い気持ちと受け止めている」と述べた。