2021.11.22

和グルミ活用 優良提案に 盛岡の復興支援団体

和グルミを活用し復興支援を行うSAVE IWATEの寺井良夫理事長
和グルミを活用し復興支援を行うSAVE IWATEの寺井良夫理事長

 復興庁が東日本大震災の被災地の産業復興や地域振興につながる事業計画を応援する「新しい東北」ビジネス創業支援事業で、本年度は盛岡市中野の復興支援団体「SAVE IWATE」(寺井良夫理事長)が21件の応募の中から優良提案に選ばれた。岩手産の和グルミを活用した商品開発で、復興支援事業のさらなる拡大を目指す。

 同団体は震災後、県内の和グルミを使ったソフトクリームやくるみ籠などを商品化し販売。売り上げを収穫や商品製作に携わる被災者らの給料に充てている。岩手らしさを生かした復興事業で、和グルミが豊富に存在する東北全体に応用できる点が評価された。

◇      ◇

 記事全文は、11月22日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞