2021.11.22

達増氏、財政支援を国に訴え 全国知事会コロナ対策会議

達増拓也知事
達増拓也知事

 21日の全国知事会新型コロナウイルス緊急対策本部ウェブ会議で、達増知事は、日常生活の回復に向け「感染者数が少ない県も経済的打撃は非常に大きい。強く早く対策をしていくことが重要だ」と国に財政支援を求めた。海外ではコロナ再流行の兆しもある。県内で抑制傾向にある今、活発な消費を促し、地元業者や生産者を支える必要性を訴えた。

 達増知事は県内宿泊割引に関する地域観光事業支援の早期追加配分や、米価下落対策を含む農林漁業者支援の重要性を指摘。「さらに踏み込んだ、積極的な対策を求めていく必要がある」と求めた。

◇      ◇

 記事全文は、11月22日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞