遠野市の手芸愛好者らによるキルト作品展は23日まで、同市新穀町のとぴあで開かれ、温かみある約160点が会場を彩っている。

 多様な色や質感の布を縫い合わせる「パッチワークキルト」作りに取り組む市内外の女性15人が出展。明治時代の古い着物や帯を使った作品は深みを感じさせ、ウエディング模様のコースターやタペストリーは愛らしい。

 入場無料。午前10時~午後4時(最終日は午後3時まで)。