自動車部品メーカーの村上商会(東京、村上竜也社長)は久慈市と連携し、二酸化炭素を排出しない自動車のシステム開発に向けた実証実験に乗り出した。

 市に太陽光パネルを搭載した電気自動車を無償貸与。来年3月まで公用車として使用してもらい、走行量などのデータを収集する。充電などにかかる費用は市が負担する。

 19日は社員が久慈市役所を訪れ、電気自動車を披露した。1回の給電で約100キロを走行できる。太陽光発電した分は専用のバッテリーに蓄え、自動車のバッテリーに送られる。