(税込み価格)

1位 長谷川嘉哉「ボケ日和」 かんき出版・1430円

2位 たつき諒「私が見た未来 完全版」 飛鳥新社・1200円

3位 コムドット・やまと「聖域」 KADOKAWA・1430円

4位 講談社編「きのう何食べた? シロさんの簡単レシピ2」 講談社・1540円

5位 瀬戸内寂聴「愛に始まり、愛に終わる」 宝島社・1540円

6位 雨穴「変な家」 飛鳥新社・1400円

7位 村木宏衣「10秒で顔が引き上がる 奇跡の頭ほぐし」 主婦の友社・1430円

8位 吾峠呼世晴「鬼滅の刃 塗絵帳―橙―」 集英社・880円

9位 福島良一監修「大谷翔平2021年シーズン全本塁打徹底分析」 宝島社・1100円

10位 平谷美樹「国萌ゆる 小説原敬」 実業之日本社・2090円

(日報岩手書店会・東山堂=盛岡市中ノ橋通=調べ)

1位 田沢五月「田老の町で生き抜いて」 宮古民友社・1400円

2位 佐伯泰英「雪見酒 新・酔いどれ小籐次(二十一)」 文春文庫・814円

3位 たつき諒「私が見た未来 完全版」 飛鳥新社・1200円

4位 湊かなえ「花の鎖」 文春文庫・737円

5位 江原啓之「金霊(かねたま)」 徳間書店・1320円

6位 高森顕徹「歎異抄をひらく」 1万年堂出版・1760円

7位 瀬尾まいこ「そして、バトンは渡された」 文春文庫・814円

8位 佐藤愛子「九十八歳。戦いやまず日は暮れず」 小学館・1320円

9位 土井善晴「一汁一菜でよいという提案」 新潮文庫・935円

10位 原田マハ「常設展示室」 新潮文庫・605円

(日報岩手書店会・リラパークこなり=宮古市末広町=調べ)