2021.11.19

除雪業務、漫画で知って そのださん、奮闘描く

「除雪業務の今後につながってほしい」と冊子を紹介するそのだつくしさん
「除雪業務の今後につながってほしい」と冊子を紹介するそのだつくしさん

 雫石町在住の漫画家そのだつくしさんは、冬期間の除雪を担う建設業者をテーマとした漫画を執筆した。県建設業協会(向井田岳(たかし)会長)が依頼し、業界の仕事を紹介する第2弾。丁寧な取材を基に人手不足や天候に左右されながらも奮闘する現場や、雪国に暮らす住民の目線も交え、地域に欠かせない除雪業務への理解促進につなげる。

 「我(われ)らイワケン株式会社2・除雪編」は、そのださんが建設会社や自治体など県南部を中心に15カ所以上を取材した生の声を生かした。

 A5判51ページで5千部発行。県内の中学、高校、専門学校、大学などに配布する。17年に発行した第1弾とともに同協会ホームページでも閲覧できる。

◇      ◇

 記事全文は、11月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞