2021.11.18

小型倉庫で新たな空間 北上のシードットが販売

多様な用途に対応できるポッド。県産杉材を使用し、周囲の景観に調和する
多様な用途に対応できるポッド。県産杉材を使用し、周囲の景観に調和する

 北上市の不動産コンサルタント業「C.(シードット)」(鈴木稔教(としのり)社長)は、用途によって仕様を変えられる木造倉庫「Pod.(ポッド)」の販売事業に乗り出した。建物を増改築せずに仕事や生活に新たな空間を追加できる。新型コロナウイルス禍で生活様式が変化する中、より柔軟な空間活用を提案する。

 ポッドは平屋建てのワンルームで、広さ10平方メートル、高さ約3メートル。県産の杉材と自然塗料を使用し、照明とコンセントを備える。建築確認申請が不要な大きさのため、自宅や事業所の敷地内に気軽に設置できる。

 同市本石町のC.でポッドを見学できる。問い合わせは同社のメール(info@cthelaunderette.com)へ。

◇      ◇

 記事全文は、11月17日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞