大船渡市三陸町越喜来の旧甫嶺(ほれい)小跡地を活用した自転車競技バイシクルモトクロス(BMX)のコースで14日、BMXレースが行われた。国内有数のプロライダーや地元のクラブチームの会員らがさっそうとコースを駆け抜け、会場を盛り上げた。

 コースを整備した合同会社TXF(福山宏代表社員)が運営するBMXクラブチーム「ストリートモンスター」の会員ら約60人が出場。日頃の成果を発揮しようと必死にペダルをこぎ、白熱したレースを繰り広げた。最後はプロライダー6人によるレースも行われ異次元のスピードに驚いていた。

 佐々木瑠海(るか)君(高田小5年)は「(レースの時に)加速がうまくいった。たくさん練習してプロ選手のように速くなりたい」と意気込んだ。