2021.11.17

矢巾の田んぼ、子グマ駆ける 7時間かけ山に追いやる

木から下りて走りだすクマ=16日午後2時ごろ、矢巾町煙山(町提供)
木から下りて走りだすクマ=16日午後2時ごろ、矢巾町煙山(町提供)

 晩秋の田園に珍客-。16日午前9時すぎ、矢巾町南矢幅のガソリンスタンド近くの田んぼで、通行人が子グマ1頭を目撃し町に通報した。現場は町役場から西に約400メートルに位置する住宅地と農村部の境。職員が約7時間かけて山間部に追いやった。

 町によると、子グマは中型犬ほどの大きさで、親グマはいなかった。通報を受けた職員5人が足を踏みならしたり声を出しながら、住宅地に近寄らないよう誘導した。

 子グマは県道を渡ったり木に登ったりしながら西に約2キロ移動。午後4時ごろ、東北道を越え、住家が点在する煙山地区の農村部で追跡を終えた。17日もパトロールする。

◇      ◇

 記事全文は、11月17日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞