奥州市出身の政治家後藤新平(1857~1929年)の生涯を描き、来年3月12、13日に同市水沢佐倉河の市文化会館で上演される市民劇「新平さんの大風呂敷」(市文化振興財団主催)の結団式が14日、同館で行われた。

 スタッフを含め、総勢136人が公演に向けた結束を誓った。同財団の菅原義子理事長は「新平さんの世界に引き込まれる脚本に感動した」とあいさつ。

 上演は3月12日午後5時と、13日午後1時の2回。チケットは1月8日に発売する。問い合わせは同館(0197・22・6622、火曜休館)へ。