2021.11.16

待望、新グラウンド 花巻東高、人工芝に改修も

人工芝に改修したグラウンドで記念試合を行う花巻東高サッカー部の選手ら=花巻市松園町
人工芝に改修したグラウンドで記念試合を行う花巻東高サッカー部の選手ら=花巻市松園町

 花巻東高(小田島(こだしま)順造校長、生徒720人)は13日、新グラウンドなどの完成式を花巻市松園町の現地で行い、体育の充実と部活動の躍進を誓った。

 全校生徒ら約750人が出席し、小田島校長と上田東一(とういち)市長、柱谷哲二(てつじ)同校サッカー部テクニカルアドバイザーらがテープカット。小田島校長が「かけがえのない教育環境を整えてもらった。さらなる前進を図りたい」とあいさつした。

 新グラウンド(5033平方メートル)を整備したほか、従来のグラウンド(1万120平方メートル)を人工芝に改修。両グラウンドに各8基の照明を新設した。

◇      ◇

 記事全文は、11月14日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞