2021.11.15

小沢氏、選挙区敗北を陳謝 衆院選後初本県入り

衆院選後初めて本県入りし、記者団の取材に応じる小沢一郎衆院議員=13日、奥州市水沢
衆院選後初めて本県入りし、記者団の取材に応じる小沢一郎衆院議員=13日、奥州市水沢

 立憲民主党の小沢一郎衆院議員(比例東北)は13日、奥州市で開かれた自身の後援会連合会役員会に出席し、先の衆院選岩手3区の落選、比例復活を踏まえ「お力添えいただいたのに申し訳ない」と陳謝した。衆院選後の本県入りは初めてで、出席者からは地元での日常活動を求める声が出た。

 会合は非公開で、各地区の後援会幹部ら約70人が集まった。出席者によると、小沢氏は「私の不徳の致すところ」と陳謝した。これに対し「もっと地元に来てほしい」「若い人たちへの発信を強めるべきだ」などの要望や意見が出た。

◇      ◇

 記事全文は、11月14日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞