盛岡市八幡町の盛岡八幡宮(新山敏彦宮司代務者)では13日、多くの家族連れが七五三参りに訪れ、子どもたちの健やかな成長を願った。

 子どもたちは、両親や祖父母らと手をつないで次々と参詣した。初冬の境内は木々が濃く色づき、華やかな振り袖、りりしいはかま姿を引き立たせた。どの家族も、元気に成長し、はしゃぐわが子に目を細め、晴れ姿をカメラに収めた。