2021.11.11

二戸地域の魅力発信、本腰 県職員が「盛り上げ隊」

カシオペア盛り上げ隊の初めての勉強会で、情報発信について理解を深める参加者
カシオペア盛り上げ隊の初めての勉強会で、情報発信について理解を深める参加者

 二戸市石切所の二戸地区合同庁舎に勤務する県職員有志は本年度、二戸地域のイベントや日常の風景などの情報を発信する「カシオペア盛り上げ隊」を結成し、活動している。県の公式フェイスブック(FB)ページ「いわてのわ」に記事を投稿し、定期的に勉強会を開催。地域の魅力を内外に広く伝える。

 同庁舎で4日に勉強会を初開催し、オンラインを含め約20人が参加。盛り上げ隊を立ち上げた県北広域振興局二戸地域振興センター総務課主事の白石薫史(まさし)さん(32)が「ウケる記事を書きたい!」と題して講演した。

◇      ◇

 記事全文は、11月10日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞