平泉町と東日本高速道路北上管理事務所が整備し、同町内の東北道に新設する平泉スマートインターチェンジ(IC)は12月4日午後3時に開通する。町中心部に位置し、観光振興や産業活性化に寄与することが期待される。

 同ICは平泉前沢-一関IC間にあり、自動料金収受システム(ETC)を利用する車両が通行できる。世界遺産「平泉の文化遺産」の構成資産である中尊寺や毛越寺のほか、高田前工業団地にも近く、観光客の利便性向上や物流効率化が見込まれる。