2021.11.01

山車勇壮、まちにぎやか 盛岡市内を特別運行

祭りばやしを響かせながら盛岡市内を練り歩いた山車
祭りばやしを響かせながら盛岡市内を練り歩いた山車

 令和3年盛岡山車実行委(鈴木正男会長)は31日、新型コロナウイルス感染症の収束を願って山車を特別運行し、盛岡市中心部ににぎやかな太鼓や笛の音を響かせた。

 実行委を含む9団体の約340人が参加。歴史の一場面を表現した山車2台が同市八幡町の盛岡八幡宮を出発し、市内を練り歩いた。八幡宮へ戻る道中では2台一緒に運行し、観客は盛岡を代表する力強い秋の祭りばやしを楽しんだ。

 例年9月13~16日に開催していた盛岡八幡宮例大祭・盛岡秋まつりは同12日に縮小開催。山車の特別運行を予定していたがコロナ感染拡大で延期していた。