2021.11.01

滝沢南、2年ぶり頂点 県中総体ラグビー、一丸で5トライ

決勝 上野・北上南-滝沢南 前半13分、滝沢南のCTB晴沢勇天(右から2人目)が中央にトライ。ゴールも決まり12-0とする=北上市・北上総合運動公園
決勝 上野・北上南-滝沢南 前半13分、滝沢南のCTB晴沢勇天(右から2人目)が中央にトライ。ゴールも決まり12-0とする=北上市・北上総合運動公園

 第68回県中学校総合体育大会のラグビー最終日は31日、北上市の北上総合運動公園で決勝トーナメントを行い、決勝は滝沢南が上野と北上・南の合同チームを29-0で退け、2年ぶり12度目の優勝を果たした。

 滝沢南は前半11分、WTB砂合(すなごう)海斗(3年)のトライで先制。その後もFW、バックスが一体となった攻撃で前後半合わせて5トライを挙げた。防御も堅く、上野・北上南に得点を許さなかった。釜石勢の対戦となった3位決定戦は釜石が甲子を24-7で下した。

◇      ◇

 詳報は、11月1日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞