2021.10.09

英語力向上 アプリで 一関修紅高、発音や文章をAI採点

タブレット端末の英語学習アプリを使い、単語や英文の発音を練習する生徒
タブレット端末の英語学習アプリを使い、単語や英文の発音を練習する生徒

 一関修紅高(斎藤成一校長、生徒403人)は、人工知能(AI)が自動採点する英語学習アプリを導入した。発音や文章を採点する機能を備え、タブレット端末などで反復練習が可能。生徒の英語力向上に向けた授業で活用することで、今後の成果が注目される。

 使っているのは、語学教育事業などを手掛けるサインウェーブ(東京都千代田区)のアプリ「ELST(イーエルエスティー)」。読む、書く、話す、聞くの四つの技能に対応し、英検や大学入試に向けた問題に取り組む。同社によると、県内での導入は同校が初めて。

◇      ◇

 記事全文は、10月8日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞