盛岡市中央通の盛岡中央郵便局(高橋宏和局長)に5日、2022年用の年賀はがきが県内郵便局で初めて到着した。11月1日から販売する。

 年賀はがきは5日朝に到着し、局員9人が搬入作業を行った。約160万枚で段ボールで400箱分。局員が盛岡、岩手、葛巻3市町の管内42郵便局に送るために仕分けした。

 はがきは来年の干支(えと)「寅(とら)」にちなみ、竹林の間からのぞく初日の出とトラの張り子がデザインされたものや、大槌町の大槌虎舞と蓬莱島があしらわれたはがきなど7種類(県内の郵便局窓口取り扱いは6種類)となる。