2021.10.06

「子ども商店」さあ20回目 盛岡・杜陵小3年生、肴町で15日販売

模擬販売でお客さん役の教員らに商品の説明をする児童たち
模擬販売でお客さん役の教員らに商品の説明をする児童たち

 盛岡・杜陵小(吉田信一校長、児童215人)の3年生45人は15日、盛岡市の肴町商店街で、自分たちで仕入れた商品を販売する「キッズマート」を開催する。

 毎年同校3年生が取り組んでいる企画で、本年度は児童の「新型コロナウイルス感染症の影響で、商店街のお客さんが減ってほしくない」との強い思いを反映。節目となる20回目のキッズマートで、子どもたちの笑顔と元気が商店街を盛り上げる。

 5日は同校で、本番に向けてあいさつや言葉遣いなど接客の仕方を確認する模擬販売に挑戦した。4グループに分かれた子どもたちは、手作りの看板やポップを並べてスタンバイ。同商店街4店舗の指導を受けながら、店員役やお客さん役をそれぞれ体験した。

◇      ◇

 記事全文は、10月6日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞