東京商工リサーチ盛岡支店は4日、2021年度上半期(4~9月)の倒産が県内で10件(前年同期比9件減)あったと公表した。新型コロナウイルス感染症対策の資金繰り支援もあり、調査を開始した1966年以降ではバブル末期の90年度と並んで過去最少となった。

 負債総額は5億9300万円(同86・6%減)で、平成以降で最少となった。コロナ関連倒産は6件発生し、倒産件数に占める割合が増加している。