大船渡市の市民有志による子ども食堂「うみねこキッズ食堂」は3日、同市盛町の働く婦人の家でのり巻き作り体験を開いた。地元の親子らが楽しみ、にぎやかな声が広がった。

 約30人が参加。同食堂を運営する子ども食堂実行委(山下タエ子委員長)のメンバーから説明を受け、かんぴょうや卵焼きなど4種類の具材をのりで巻いた。親子で言葉を交わしながら取り組み、和やかな雰囲気に包まれた。