陸中建設(伊藤峻社長)は2日、宮古市宮町の陸中ビルで、障害者アートの商品化などを手掛けるヘラルボニー(盛岡市)の松田文登副社長(30)を招いて講演会を開いた。

 社員ら約50人が会場で聴講し、オンラインでも配信した。松田さんは「異彩を、放て。~個性を生かす働き方~」と題して、自社の取り組みを紹介し「障害イコール欠落ではない。才能があるのに社会に出るきっかけのない人の障壁を取り除いていく」と説明した。