バイオリニスト早稲田桜子さんの訪問コンサート(いちのへ文化・芸術NPO主催)は28、29の両日、一戸町内の小中学校など4カ所で開かれた。子どもたちが間近でプロの演奏に触れ、音楽を堪能した。

 同町中里の鳥海小(高橋雄一郎校長、児童21人)では、姉のピアニスト早稲田真理さんの伴奏でクラシックやディズニー音楽など6曲を演奏。クイズを交えて楽器の仕組みを分かりやすく伝え、児童がバイオリンを弾く体験もした。

 訪問コンサートは、公共ホール音楽活性化支援事業の一環として開催。早稲田桜子さんのバイオリンコンサートは30日午後1時半から、同町のコミュニティセンターホールで開かれる。