2021.10.30

盛岡駅東側にマンション 若者の移住・定住を促す

JR盛岡支社などが建設するマンションの完成予想図(JR盛岡支社提供)
JR盛岡支社などが建設するマンションの完成予想図(JR盛岡支社提供)

 JR盛岡支社(久保公人支社長)などは、盛岡市盛岡駅前北通の同支社社員寮跡地に賃貸マンションを建設する。盛岡駅東側に13階建て、220室を整備。学生や新卒者ら単身向けが中心となる。駅西側にも4階建てを建設中。JR東日本所有地を有効活用した収益確保と、若者の移住・定住を促す地方創生の取り組みを加速させる。

 駅東側のマンションは、15・9アールのJR東所有地に建設する。鉄骨造り13階建て、延べ床面積7740平方メートル。12月に着工し、2023年春の入居開始を予定する。

◇      ◇

 記事全文は、10月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞