陸前高田市の酔仙酒造(金野連社長)は1日、大船渡市猪川町の大船渡蔵から「活性原酒 雪っこ」を今季初出荷した。

 出荷式は日本酒造組合中央会が定めた「日本酒の日」に合わせて行い、従業員ら約20人が参加。神事に続き、新酒の完成を知らせる新しい杉玉を掲揚した。金野社長と従業員が新酒で乾杯した。

 雪っこはとろっとした口当たりとまろやかな味わいが特徴のにごり酒。杜氏の金野泰明さん(45)は「雑みの少ないきれいなお酒に仕上がった」と今年の雪っこを評価する。