釜石市の観光地域づくり法人かまいしDMC(河東英宜(ひでたか)社長)などは28日、同市只越町に、余暇を楽しみながら仕事をする「ワーケーション」施設を市内で初めて開業した。自然や文化など地域資源を活用した体験プログラムも多数用意し、世界に開かれたまちとして交流人口の拡大を目指す。

 施設は「ゆっくりしていく」という意味の方言にちなみ、「Nemaru Port(ねまるポート)」と命名。現地でのテープカットで、野田武則市長は「大きな一歩を踏み出せる拠点が整備された。全国や世界からたくさんの方々に来ていただきたい」とあいさつした。