2021.10.29

県、コロナ最大検査数1.4倍へ 再拡大とインフルエンザに備え

 県は新型コロナウイルス感染症の再拡大とインフルエンザの流行による発熱患者の増加に備え、コロナの検査体制を強化する。1日の最大検査数は現行の1・4倍の1万4983件に拡充。県内の医療機関など約350カ所で対応できる体制を敷く。

 28日の県新型コロナウイルス感染症対策専門委(桜井滋委員長)で、県の計画案が了承された。

◇      ◇

 記事全文は、10月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞