31日の衆院選投開票を前に、県選管は28日、県庁で投開票結果の集計と速報発表のリハーサルを行った。県や市町村の選管職員らは当日の円滑な事務作業に向けて、各自の役割や流れを確認した。

 県庁では約30人の職員が参加。市町村選管からファクスで模擬データを受け取り、専用システムに入力、集計し、ホームページに掲載する手順で作業した。

 本県市町村の開票終了見通しは小選挙区が11月1日午前0時半、比例代表は同1時15分。最も遅いのはともに滝沢市となっている。