2021.10.26

鈴木厚人氏(県立大学長)文化功労者 素粒子研究の先駆け

本年度の文化功労者に選ばれた鈴木厚人・県立大学長
本年度の文化功労者に選ばれた鈴木厚人・県立大学長

 政府は26日、2021年度の文化勲章と文化功労者を決め、文化功労者に県立大の鈴木厚人(あつと)学長(75)=高エネルギー物理学、盛岡市=が選ばれた。

 素粒子の観測装置「カミオカンデ」や「カムランド」などの建設・実験に携わり、宇宙から飛来するニュートリノに質量があることを証明するなど現在の素粒子研究の先駆けとなった。

◇      ◇

 詳報は、10月27日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞