県内の高校生が開発したオリジナル商品などの販売会は24日、花巻市石鳥谷町好地の小さな百貨店ぷらっとで開かれ、生徒と買い物客の笑顔があふれた。

 同町の石鳥谷中央通り商店街振興会(関裕一会長)主催。花北青雲高の生徒6人が店頭に立って地元菓子店の菓匠丸文と共同開発したどら焼きなどを販売し、商品説明をしながら接客を体験した。

 紫波総合高の生徒が育てたシクラメンや、花巻農高が生産したジャムなども並び、買い物客でにぎわった。