2021.10.25

陵侑V 潤志郎3位 全日本選手権ジャンプLH

男子 首位を譲らず圧勝した小林陵侑(土屋ホーム)=札幌市大倉山ジャンプ競技場
男子 首位を譲らず圧勝した小林陵侑(土屋ホーム)=札幌市大倉山ジャンプ競技場

 【札幌市で運動部・斉藤大樹】ノルディックスキーの全日本選手権ジャンプ最終日は24日、札幌市大倉山ジャンプ競技場でNHK杯を兼ねてラージヒル(ヒルサイズ=HS137メートル)を行い、男子は小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が141・5メートル、135メートルの合計296・0点で2年ぶり2度目の頂点に立ち、22日のノーマルヒルとの2冠を達成した。

 兄の潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高-東海大)は125メートル、128メートルの256・1点で、ノーマルヒルに続き3位に入った。ラージヒル初開催の女子は姉の諭果(CHINTAI、盛岡中央高-早大)が119メートル、117・5メートルの194・8点で3位に食い込んだ。

◇      ◇

 記事全文は、10月25日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞