2021.10.23

山村留学生、故郷の逸品販売 葛巻、あすまで町民まつり出店

初出店に向け意気込む生徒
初出店に向け意気込む生徒

 葛巻高(菅常久校長、生徒144人)の2年生18人は、23、24の両日に葛巻町中心部で開かれるくずまき町民まつりに初出店し、全国の特産品を販売する。同校に集う山村留学生の出身地にちなんだお薦めの逸品をそろえる。仕入れから販売までのノウハウを学び、地域に還元することで、まちのにぎわいにつなげる。

 「葛高おでってマーケット」と銘打ち、沖縄県の菓子ちんすこうや東京都の雷おこし、愛知県の生みそ煮込みうどんなど計14種類、約400品を販売する。特設ブースをPRするのぼり旗やポスターなども手作りした。

 町民まつりは両日とも午前10時から午後3時まで。

◇      ◇

 記事全文は、10月23日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞