2021.10.22

全国の障害者芸術集結 盛岡で23日から「文化フェス」

各作品が強烈な個性とエネルギーを放つアール・ブリュット展=盛岡市・アイーナ
各作品が強烈な個性とエネルギーを放つアール・ブリュット展=盛岡市・アイーナ

 日本の文化や自然を障害者の視点で発信する「日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルin東北ブロック」(実行委主催)は23、24の両日、盛岡市盛岡駅西通のアイーナで開かれる。東北では本県が唯一の開催地。障害者が感性豊かに表現する舞台芸術やアートを通して、共に暮らす地域の魅力を再発見してもらう。

 フェスティバルに先立ち、アイーナと盛岡市の肴町アーケードでは「アール・ブリュット展」を開催中(24日まで)。アイーナには全国の作家28人の絵画など約230点が並び、力強い色彩とエネルギーを発している。

◇      ◇

 記事全文は、10月22日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞