2021.10.22

一関学院が盤石27連覇 高校駅伝県予選会、女子は盛岡誠桜V15

男子 一関学院の1区鈴木天智(右)が先頭で2区吉谷地夏也にリレーする=花巻市小瀬川
男子 一関学院の1区鈴木天智(右)が先頭で2区吉谷地夏也にリレーする=花巻市小瀬川

 第72回全国高校駅伝と第33回全国高校女子駅伝の県予選会は21日、花巻市の日居城野運動公園陸上競技場を発着点とするイーハトーブ花巻ハーフマラソンコースで行われ、男子(7区間、42・195キロ)は一関学院が2時間8分21秒で27年連続31度目の優勝を果たした。女子(5区間、21・0975キロ)は盛岡誠桜が1時間14分1秒で15年連続15度目の栄冠をつかんだ。

 男女の優勝校は12月26日に京都市で行われる全国大会に、男女の1~4位は11月11日に山形県で行われる東北大会に出場する。

女子 盛岡誠桜の1区田中希歩(左)が先頭で2区秋元蒼羽へたすきをつなぐ

◇      ◇

 詳報は、10月22日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞