2021.10.21

身近な獣害、考えよう 紫波町図書館、23日トークイベント

23日に獣害対策に関するイベントを開く紫波町図書館。関連文献やクマの剝製などを展示している
23日に獣害対策に関するイベントを開く紫波町図書館。関連文献やクマの剝製などを展示している

 紫波町紫波中央駅前の町図書館(藤尾智子館長)は23日、獣害の現状や防除について学ぶトークイベント「夜のとしょかん、農業編。獣害対策の秘訣(ひけつ)、教えます。」を開く。農業が盛んで、鳥獣被害も絶えない同町。図書館という住民にとって身近な場所で地域課題をみんなで考え、被害防止に手を携えて取り組むきっかけとする。

 夜のとしょかんは、仕事などで日中に図書館を利用できない人にも親しんでもらおうと、14年から年4回開催しているイベント。時間は閉館後の午後6時半~同8時。定員30人で、申し込みが必要。申し込み、問い合わせは同館(019・671・3746)へ。

◇      ◇

 記事全文は、10月21日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞