釜石・甲子(かっし)中(柏舘秀一校長、生徒125人)の2年生43人は19日、釜石市甲子町の同校近くの高齢者宅を訪問し、手書きのメッセージで交通安全を呼び掛けた。

 生徒と釜石地区交通安全協会甲子分会などが、8グループに分かれ約40戸を回った。玄関先で、道路横断時の左右確認や服の色の工夫などを呼び掛ける手紙を読み上げ、手渡した。

 訪問活動は同分会が01年に始め、03年に甲子小、05年に甲子中も加わった。同様の取り組みは全国に広がり、甲子地区はその先駆けとされる。