2021.10.20

土偶ぬいぐるみ製作中 平舘高×八幡平市博物館友の会

平舘高の生徒と八幡平市博物館友の会が共同で製作中の「土偶ちゃん」ぬいぐるみ
平舘高の生徒と八幡平市博物館友の会が共同で製作中の「土偶ちゃん」ぬいぐるみ

 八幡平・平舘高(北島亨校長、生徒142人)と八幡平市博物館友の会(伊藤忠男会長、会員27人)は、同市叺田の同館マスコットキャラクター「土偶ちゃん」のぬいぐるみを共同で製作している。

 来館者らに意見や感想を募り、商品化も視野に入れる。手作りのぬいぐるみを通じて、市内で発掘された土偶の存在や地域の歴史を発信する。

 土偶ちゃんは同市松尾地区の釜石環状列石で上半身部と下半身部が別々に出土した土偶がモデルで、2017年に同館職員が作った。

◇      ◇

 記事全文は、10月20日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞