2021.10.20

相次ぐ輪禍死、県内警戒 今月5人、薄暮時以降

10月の交通死亡事故多発注意報の発令を受け、チラシや反射材を配る盛岡西署員=盛岡市青山
10月の交通死亡事故多発注意報の発令を受け、チラシや反射材を配る盛岡西署員=盛岡市青山

 県内で10月に入り、交通死亡事故が相次いでいる。18日までに5人が亡くなり、今年の死者(25人)の5分の1を占めた。いずれも薄暮時間帯(日没前後1時間)や夜間に発生し、北上市と一関市では歩行中の高齢者が車にはねられた。

 県警は日没が早まる冬季の警戒を呼び掛ける。

◇      ◇

 記事全文は、10月20日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞