2021.10.02

骨寺村研究に新たな視点 一関で集会、平泉との関連性報告

中世の農村景観が残る骨寺村荘園遺跡。西方(写真奥)に栗駒山をのぞむ(本社小型無人機から撮影)
中世の農村景観が残る骨寺村荘園遺跡。西方(写真奥)に栗駒山をのぞむ(本社小型無人機から撮影)

 一関市厳美町の骨寺村荘園遺跡が世界文化遺産「平泉の文化遺産」に拡張登録されるには、どのような考え方が必要か。同市で研究集会(市教委主催)が開かれ、国内の研究者らが新たな価値証明の道筋や課題を議論した。

 拡張登録への壁となっているのが、平泉の仏国土(浄土)との結び付き。中尊寺に伝わる「陸奥国骨寺村絵図」(鎌倉時代)を手掛かりに、平泉の都市構造との比較、浄土思想との関連性など研究成果を報告。停滞していた議論に新たな視点を与えそうだ。

 

◇      ◇

 記事全文は、10月1日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞