2021.10.18

高校生が花巻PR 青年会議所イベント、開発菓子や動画発表

来場者の前で、カヌレの説明をする花北青雲高の生徒たち
来場者の前で、カヌレの説明をする花北青雲高の生徒たち

 花巻青年会議所(松田治樹理事長)は17日、花巻市高松の宮沢賢治童話村で高校生参画イベント「夢の橋・未来へカケル文化祭~キミの夢が未来に繋がるように~」を開催した。市内3校の高校生が作った菓子やPR動画を発表。多くの人に同市の魅力を伝えようと熱心に準備してきた成果を披露した。

 花北青雲高3年生4人は、同市の障害者就労支援施設「マルルまほろば」が製造した豆乳を使ったカヌレを開発。発表では3人がステージに立ち、日本人に不足しがちな栄養を摂取できるよう材料にこだわった点や、同市石鳥谷町の特産品であるリンゴを使ったジャムを生地に練り込んだことなどを熱心に伝えた。

◇      ◇

 記事全文は、10月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞