高校生が科学技術や理数分野の知識、実技を競う、科学の甲子園県大会(県教委主催)は16日、花巻市北湯口の県立総合教育センターで開かれ、盛岡一が優勝した。同校は来年3月に茨城県つくば市で開かれる全国大会への出場権を手にした。

 5校から1チームずつ計38人が参加。7、8人でチームを組み、筆記競技と2種類の実技競技の合計点で競った。2位は一関一、3位は盛岡三だった。