2021.10.17

決勝は黒沢尻北-黒沢尻工 高校ラグビー県大会

黒沢尻北-不来方 前半1分、黒沢尻北のWTB高橋珀(右手前)が左中間に先制のトライを決める=盛岡市・いわぎんスタジアム
黒沢尻北-不来方 前半1分、黒沢尻北のWTB高橋珀(右手前)が左中間に先制のトライを決める=盛岡市・いわぎんスタジアム

 ラグビーの第101回全国高校大会県大会第3日は16日、盛岡市のいわぎんスタジアムで準決勝が行われ、県高校総体優勝の黒沢尻北と同準優勝の黒沢尻工が決勝に進んだ。

 黒沢尻北は1次予選から勝ち上がった不来方を95-0(前半62-0)で退け、3年連続で決勝に駒を進めた。

 黒沢尻工は前年覇者の盛岡工を57-13(前半26-13)で下し、2年ぶりの決勝進出。

 決勝は24日午後1時5分キックオフ。黒沢尻北は2年連続7度目、黒沢尻工は2年ぶり32度目の全国切符を目指す。

盛岡工-黒沢尻工 前半1分、黒沢尻工のCTB瀬戸匠(左)が中央に先制トライ。ゴールも決まり7-0とする=盛岡市・いわぎんスタジアム

 

◇      ◇

 詳報は、10月17日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク